中国語

必見!やってよかった中国語勉強法とやらずに後悔した勉強法。

もっと早くやっておけばよかった中国語勉強方法

ここまでは、やっててよかった中国語の勉強方法を紹介してきました。

ここからは、後になってもっと早くやっておけばよかった中国語の勉強方法を紹介します。

① 単語の暗記

もっと早くやっておけばよかった勉強方法の筆頭は、単語の暗記です。

中国語のメリットとして、漢字なので読めばなんとなく意味がわかるというものがあります。

しかし、中国語学習初期においては、なんとなく意味がわかるということにあぐらをかいてしまいがちです。

私も実はその1人で、はじめの頃はろくに読み方や使い方を覚えませんでした。

そのため、文章なら結構読めるのに、いざリスニングをしてみたり自分で作文してみたり、話してみたりすると、知ってたはずの単語が使えない、知ってたはずの単語が聞き取れない、などという問題が生じました。

それから、中国語には日本語とも英語とも違う形で動詞と目的語を組み合わせないといけなかったりします。例えば跳舞+起来は跳舞起来ではなく跳起舞来です。しかし、当初はこういった使い方をちゃんと覚えていなかったので、跳舞起来というミスもしてたりしました。

後々になってちゃんと単語の発音と声調をきちんと覚えるようにしたり、使い方が特殊な動詞は、表現ごと丸暗記するようにしたりしたので、学習初期の段階に起こっていた、知っている単語のはずなのに使えないという問題はかなり改善されました。

中国語の漢字を眺めて覚えた気or勉強した気になってしまう🙅‍♂️

しかし、最初から単語も積極的に覚えるようにしていたらよかったなと今でも思います。

ここでも、私が使った単語帳の中で皆さんに特におすすめの一冊をご紹介しておこうと思います。

私が、初級者と中級者の方にお勧めしたい中国語の単語帳は「これなら覚えられる!中国語単語帳」です。

おすすめの理由は、この単語帳には各単語について例文が載っているばかりではなく、その例文の音声がCDに収録されているからです!

単語だけでなく例文を暗記することで、中国語の表現力を高めることができます。

 

というわけで、単語をちゃんと勉強して、きちんと暗記しておくのはとても大事だと思います!単語帳選びに迷ったら、まずは「これなら覚えられる!中国語単語帳」を試してみてください!

② 会話表現の勉強

続いてのやっておけばよかった中国語の勉強方法は、会話表現の勉強です。

中国語検定やHSKの勉強、すなわち教科書チックな勉強方法ばかりとっていた私は、大学に入ってから周りの中国人の友達が教科書に載っていないような単語をいっぱい使って会話しているのをみて少し衝撃を受けました。

同時に、もっと早く会話表現を覚えておけばよかったなと思いました。

会話表現は、文法的には不安定なものが多かったり、平易な表現であるが故に文法的な説明が難しかったり、また◯◯の文みたいな形に落とし込めなかったりするため、教科書ではあまり見かけません。

また、スラングなども教科書には載ってなかったりします。

しかし会話、とりわけ親しい人同士のくだけた会話では、教科書には載ってないような表現を使うことが多いです。

そのため、中国人同士の会話についていこうと思ったら、教科書には載っていないような、くだけた表現を覚えていくことは欠かせません。

いくら文法的に正しくても、友達同士の会話なら丁寧すぎる表現は逆に不自然ですよね。

それから、文法的には正しくても習慣の問題として中国人は使わないような表現も存在します。

しかし、こうした、ネイティブらしい表現というのは、中国語母語者以外が独力で身につけるのは至難です。

そこでここでは、ネイティブらしい表現を身につけるのに最適で私も何度も読み返している中国語表現の教科書を紹介します。

私がおすすめする中国語表現の教科書、それは「ちょこっと中国語翻訳」です。

この教科書の良いところは、日本語のとても上手な中国人の著者が、自然な中国語表現にするためにはどうすれば良いかを、日本人の中国語学習者の翻訳とネイティブの表現の比較を通じて、具体的に示してくれることです。

痒い所に手が届くとはまさにこういうことを言うんだろうと思います。

私自身、この教科書の問題を解くことでかなり中国語らしい表現ができるようになってきたと思っています。

というわけで、会話力を上げるためには、ネイティブらしい表現を身につけることが不可欠です!中国語らしい表現を身につける上では「ちょこっと中国語翻訳」が圧倒的におすすめです。

③ 中国語の本の購入

やっておけばよかった中国語勉強方法の最後は、中国語の本の購入です。

中国語が結構できるようになってから(中国語検定2級に合格したころぐらい)、中国語の絵本や書籍を購入するようになりました。

読んでみてびっくり仰天!五歳児が読むような絵本に、自分の知らなかった中国語表現がかなり載っていました。

中国語の絵本や書籍というのは、日本で発売されている問題集と違って、外国人が中国語を勉強することを目的に作られていません。

もっというと、中国人以外が読むことは想定されていない本です。そのため、中国語の絵本は良い意味でスパルタ教育を施してくれます。

もちろん、中国で出版された中国語の絵本はいかなる問題集よりも自然な中国語であることは間違いありません!

大学に入ってからも中国から中国語の本を何十冊も購入しました!

最近購入したのでいうと、『漢魏両晋南北朝仏教史(上下)』です。

これは、中国に仏教が伝来してからの数百年の歴史についてまとめた本です。

中国のことを知るなら中国人の書いた本だろうということで注文してみました。

もっともこの本は、文章が難しい上にちょっとマニアックすぎるので多くの方にお勧めするっていう感じではないです。笑

そこで初心者〜中級者の方にお勧めなのは「动物大百科」です。

こちらの本は、絵本なのですが、動物大百科の名の通り様々な動物が紹介されています。

この本をお勧めする理由は、内容が面白くとっつきやすいこと、中国語の動物名を勉強することができること、拼音付きなので読みの練習・単語暗記をするのに効率が良いこと、さらに拼音があるので辞書で単語を調べやすいこと、などです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

動物大百科 小学生課外必読シリーズ ピンイン付き中国語絵本
価格:770円(税込、送料別) (2020/2/11時点)

楽天で購入

 

 

中国語の勉強をする上では、中国語の本を購入するのはほんとにおすすめです!コレクション魂も刺激されたりして色々収集しちゃったりします。本自体の価格が非常に安いために、輸入するのに手数料がかかるとはいえ、全体としては高くないのもポイントです。

中国語の本を購入するときの考慮ポイントは、内容が面白そうか、絵がいっぱいあるか、文章が難しすぎないか、などだと思います。

その点「动物百科」はおすすめなので、迷ったら是非ご検討ください!

 

まとめ

ここまで、前半でやってよかった中国語の勉強方法、後半でやっておけばよかった中国語の勉強方法を紹介してきました。

実は全て、おすすめの中国語勉強方法なのです!

というわけで、ここでもう1度復習です。

おすすめの中国語勉強方法まとめ

①発音の集中練習
②文法の早期学習
③中国語の音読練習
④単語の暗記
⑤会話表現の勉強
⑥中国語の本購入

以上の6つのポイントを踏まえれば、初心者の方は中級者へ、中級者の方は上級者へと飛躍できるはずです!

この6つのポイントを踏まえた結果が、一応このように数字でも現れているので、おそらくこれらの方法は効果的なんだろうと思います。

中国語学習のゴール⁈中国語検定準1級合格体験記中国語検定準1級に合格した話 先日受験した中国語検定準1級の結果が届きました。無事合格してました。そこで今回は、簡単な合格体験...

 

このほかにも、私が中国語を勉強する中で工夫してきたことはたくさんあるのでそれらも今後紹介していければと思います!

ではでは、今日はこの辺にしましょう。皆様の中国語学習の成功をお祈りしております。

てる
てる
最後までお読みいただきありがとうございました!拜拜〜
1 2
ABOUT ME
てる
てる
当サイトの事務方責任者兼執筆者/慶應義塾大学文学部。中国語受験で慶應義塾大学に合格。最近なぜか司法試験にハマっている。中国語検定準1級、HSK6級、仏検2級など。対応言語:中国語、英語、フランス語、ロシア語

POSTED COMMENT

  1. […] 必見!やってよかった中国語勉強法とやらずに後悔した勉強法。 […]

  2. […] 必見!やってよかった中国語勉強法とやらずに後悔した勉強法。 はじめに… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です