語学

中国語検定とHSKのどちらがおすすめ?中検とHSKのお話

はじめに

てる
てる
大家好!てるです〜初めましての方は自己紹介もご覧ください。

中国語を勉強している方なら一度は聞いたことがあるであろう中国語検定とHSK。しかし、どっちを受ければいいのかよくわからない。そんなあなたのお悩みの解決のヒントになればと思い、中国語検定とHSKのどちらがおすすめなのかについてご説明します!

私は、中国語をゼロから始めた中国在住経験のない純日本人ですが、あの手この手を使って中国語を勉強した結果、中国語検定準1級とHSK6級両方を取得するに至りました。

そこで、今回は、自分の体験も交えつつ、中国語検定とHSKのどっちを受ければいいか問題について、考えていきたいと思います!

 

中国語検定とHSKとは

ここではまず、中国語検定とHSKについて説明します。既に知っている方は飛ばしてください。

中国語検定とは

中国語検定は中国語検定協会が実施する中国語能力を測る試験です。

中国語検定試験(「中検」)は,主に日本語を母語とする中国語学習者を対象とします。
現在,日本の外国語学習では,「読む」「聞く」「話す」「書く」能力,いわゆる四技能の習得が求められています。しかし,一つの外国語を運用するためには,この四つの能力ではまだ足りません。
母語を運用する場合は,この四つの指標からその能力を測ればよいのですが,母語ではない外国語の運用能力を測るためには,母語と外国語の関係を処理する能力をも測らなければなりません。すなわち「訳す」能力です。
「訳す」能力は,母語をマスターしている者が外国語を学習する際に非常に大切な能力となります。なぜなら母語の経験をもとに外国語を学習するためです。例えば日本語のネイティブスピーカーは,日本語で話す場合に相手との関係によって,失礼にならないことばを選んでコミュニケーションを図りますが,外国語を学習する場合も,失礼にならない表現はどれか,自分の気持ちをぴったりと表現することばはどれか,日本語との対応関係から覚えていきます。これが「訳す」能力です。「読む」「聞く」「話す」「書く」の四技能は,いずれも「訳す」能力を必要とするのです。「中検」は,学習者の外国語能力をより正確に測るため,特にこの「訳す」能力を重視し,それを測ることに力を入れています。

出典:中国語検定ホームページより http://www.chuken.gr.jp/tcp/outline.html

上記のように、中国語検定は四技能のほか、「訳す」力を重視しているために、各級において中国語の日本語への翻訳、および日本語の中国語への翻訳を出題しています。

HSKとは

続いてHSKについてみてみましょう。HSKとは、中国政府機関が主宰している中国語能力検定試験です。

数ある中国語検定の中でも、HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)直属の機関である「孔子学院总部/国家汉办」が主催し、中国政府が認定する資格です。(主催団体は、中国政府教育部 孔子学院总部/国家汉办)
そのため、HSKの成績報告は、中国国内だけでなく、日本国内、そして世界中で公的証明として活用することができます。

(中略)

HSK試験はリスニング(聴力)、リーディング(読解)、ライティング(作文)の3セクションで構成されています。初級レベルの1級と2級は、リスニングとリーディングのみのマークシート方式。3級以上から記述式の作文が加わります。

「世界共通の検定」なので、問題文や選択肢、リスニングの質問などは全て中国語で出題されます。初級の段階から「中国語でのコミュニケーション能力」が問われる検定と言えるでしょう。HSKにチャレンジすることで、自然とネイティブに通じる実用的な中国語力が身につきます。

出典:HSK公式ホームページより http://www.hskj.jp/about/

このようにHSKは中国政府が公認する、中国語母語話者以外を対象とする中国語力を純粋に測る試験です。一貫して中国語力のみを試すことが特徴で、「話す」以外の3技能の力を試す試験となります。

中国語検定とHSKのどちらがおすすめか

では、中国語検定とHSKのどちらがおすすめなのか。なんだか二つとも似ているし、受験料たくさんは払いたくないし…どうすればいいんでしょう。迷いますよね。

どちらを受ければいいのか、その答えは両者を比較することで見えてきます。

まずは中国語検定とHSKの両者がどう違うのかを見ていきましょう。

中国語検定とHSKの違い

中国語検定とHSKの違いですが、大きな違いは、中国語検定が日本人向けに作られた試験であるのに対して、HSKは中国語母語者以外の人全てを対象にしている点です。

この違いから、中国語検定では翻訳の問題がありますが、HSKでは翻訳の問題はありません。

それから、これは両方を受験してみての感想ですが、中国語検定の方が、HSKよりも文法にうるさい気がします。

日本人が特に間違いやすい単語の穴埋め問題があったりとか、正確な文法知識が試されるような問題多めです。

一方、HSKはリスニング、筆記ともに中国語の内容理解が試される問題が中心でしょうか。上の級になると中国語の表現力や、文法知識、語彙などを試す問題も増えてきます。

どちらがいいかは中国語のレベルによる!

結論から言って、中国語検定とHSKのどちらがいいのかは中国語のレベルによると思います。

私の考えでは、中国語力ごとにどれを受けるのが効果的かが決まると思っています。

先ほどの説明のように、中国語検定とHSKは問題の傾向や、試される能力が異なります。

そして、中国語力の段階ごとにどの分野の力を重点的に伸ばすべきかが変わるかと思います。

そこで、以下では、中国語力ごとにどちらがおすすめかを説明していきたいと思います。

中国語初級者は中国語検定を受けよう!

中国語学習を始めたばかりの方〜中国語初級者の方は、中国語検定がおすすめです。

というのも、先ほど説明した通り、中国語検定は中国語を勉強する日本人向けに作られた試験で、問題も正確な文法知識の有無を問う問題が多いです。(特に初級者向けの4級や3級など)

初級者の段階で、文法の基礎をガッチリと固めることが後々の飛躍に結びつくと思うので、文法知識の完成を目指すべき初級者に段階においては、中国語検定を受験することを通じて文法力を身につけた方が良いでしょう。

中国語は日本人にとって、文字が共通ですので、初級レベルの文章であれば漢字をたどることでなんとなく意味はわかります。しかし、正確な文法知識がなければ、自分で作文をすることはできませんし、漢字を並べただけの中国人には全く通用しない中国語を喋ることになりかねません。

また、将来仕事などで中国語を使う予定がある場合には、特に中国語に正確性が求められてきますので、変な癖がつく前に、初級の段階で正確な文法を身につけるべきです。

そんなわけで、中国語初級者の方には中国語検定がおすすめです!

中国語中級者はHSKを受けよう!

中国語中級者には、HSKがおすすめです。理由は簡単で、HSKは実践的かつ実用的な中国語力を試す試験だからです。先ほど述べた通り、初級者段階においては、文法を厳密に考え、ミスを極力減らすことが重要です。

しかし、語学というのは多少ミスしないと上達しませんし、自然に中国語を使いこなすためには、細かい文法にこだわることなく、全体的な勉強をしていく必要があります。この点、HSKは漢字圏以外の出身の人をメインターゲットにしている試験なので、圧倒的に難しい問題というものは存在しません。

そのため、初級レベルで培った中国語の文法や単語の知識を自然なものとして自分の中で昇華させるためにはHSKがもってこいなわけです。

それから、中級者レベルにおいては、そのレベルに達するまでに身につけた基本的語彙を用いて自由作文=自分の言いたいことを言う練習、をする必要があります。

この点において、HSK、特に4級〜6級がおすすめです。これらの級においては、完全に自由とまではいかないものの,かなり自由度の高い作文が求められる設問があります。そのため、表現力アップに最適と言えるでしょう。

さらにHSKは中国語でまとまった文章を書くことが要求される試験です。こうした問題を通じて、中国語の文章構成や、よく使う接続詞などの使い方を実践的な形で一通りマスターできることはHSKの大きな魅力の一つです。

そんなわけで、中国語中級者の方にはHSKをお薦めします。

中国語上級者は中国語検定を受けよう!

中国語上級者には中国語検定をおすすめします。理由はいくつかあります。

1点目の理由は、中国語上級者には翻訳能力が要求されるということです。企業が中国語をできる人材を求めるのは、「少なくとも日本語と中国語の両方ができる」ということに価値を見出しているからです。これは中国の現地企業の採用も同じことだと思います。なぜなら、単純に中国語ができる人材が欲しいなら、中国人を採用すればいいからです。(この点に関しては、他に言語、とりわけ英語についても言えることだと思っているので、それはまた別の機会にお話ししようと思います。)わざわざ中国語ができる日本人、というある意味ややこしい属性の人材を求めるのは、日本と中国の橋渡し機能を求めているからに他なりません。そうであるからには、自ら日本語と中国語を行き来し、かつ周りの人にも日本語と中国語を行き来させてあげないといけません。そして、この橋渡しのためには、通訳・翻訳能力が求められるわけです。

中国語検定は上述のように、日中翻訳および中日翻訳の問題が充実しています。しかも、訳文のレベルも比較的高く、用いられる語彙も文語的・フォーマルなものが中心なので、ビジネスシーンにおいて直接利用できます。

もちろん、通訳・翻訳自体を生業にしようとする場合には、外国語能力とは別の訓練が必要になります。その場合は、中国語検定で要求される水準以上の通訳・翻訳の勉強をしなければなりません。

2点目の理由は、中国語上級者には文語性の高い中国語の語彙、すなわちいわゆるお上品な中国語、および成語を使いこなすことが求められていることです。

意味が通じればオッケー的な考え方は、旅行では十分ですが、仕事などフォーマルな場面では困ります。また、上手に成語が使いこなせれば、中国人にも一目置かれ、信頼を勝ち取りやすく商談もうまくいくというものです。

この点、中国語検定においては相当程度、高度な語彙や成語の知識を問う問題が出題されます。

翻訳の問題でも、成語を意識して解答しないと点が伸び悩んだりするといったこともあります

また、準1級・1級のリスニングの第2問の問題では書取り試験が課されますが、これによって漢字を書く力も上がります。意外と書けなかったりするので、中国語力を見直すいい機会になると思います。

3点目の理由は、中国語上級者には、繊細に中国語を使いこなすことが求められるということです。

確かに、中級者レベルでは、まずは言いたいことを言うことが優先なので、多少のミスは恐れずどんどん発言していくべきです。そして、こうした方向性の中国語力を磨いていくためには、HSKはとても良い勉強材料になります。しかし、中国語上級者には限りなくミスの少ない中国語を用いることが求められます。また、用いる中国語もより繊細なものでなくてはなりません。

中国語にも日本語同様に多くの類義語があり、ニュアンスがそれぞれ微妙に違います。これらについて、区別しなくても、あるいは混同してしまっても言いたいこと自体は通じることが多いです。しかし、こうしたミスは相手方に中国語力について見くびられる原因になったり、あるいは言語が不自由ということで信頼を勝ち取ることの妨げになるかもしれません。

そこで、文法、語法、通訳・翻訳について、非常に細やかに問題を出してくる中国語検定試験は中国語上級者が既に一定のレベルに達している中国語に磨きをかけ、一歩飛躍するために最適の試験なのです。

というわけで、以上の理由により、中国語上級者には中国語検定がおすすめです。

中国語検定とHSKを受けよう!

まとめますと、中国語初級者の方・上級者の方は中国語検定を、中級者の方はHSKを受験することをお薦めします!

それでも迷ったらどっちも受けるのはありですね。

試験を受けるだけでも中国語力が上がるので、とにかくどちらかは受けてみてください!

中国語検定およびHSKの各級の勉強法・合格のコツなどは今後随時公開していきたいと思っているので、しばしお待ちください。

ともかく、ぜひぜひ、中国語検定とHSKを受験してみてください😀

けどいきなり試験受けるのはハードルが高いっていう方には、オンラインで気軽に中国語を勉強できるこういったサービスもおすすめです。

500万人以上が使っている!オンライン言語学習ツール【italki】

効果的に外国語を身につける方法はこちらです! 中国語を伸ばしたい方におすすめです!

<
みなさんも中国語を身につけてご自分の世界を広げてみてください!

てる
てる
最後までお読みいただきありがとうございます。また会いましょう!拜拜👋
ABOUT ME
てる
てる
当サイトの事務方責任者兼執筆者/慶應義塾大学文学部。中国語受験で慶應義塾大学に合格。最近なぜか司法試験にハマっている。中国語検定準1級、HSK6級、仏検2級など。対応言語:中国語、英語、フランス語、ロシア語

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です