社会

中国名だと生きづらい日本

 

めけめけです。寒いです。

今回は私の本名の話をしようと思います。題名がいささか重いのですが堅苦しい話はゼロです。良い題名が思いつかなかっただけです。語彙力の欠乏。知的教養を身につけろ。

私の名前は名字1文字、名前2文字の典型的な中国人感溢れる名前です。王羲之、張作霖、みたいな。両親が中国人なので私の生まれは日本でも国籍は中国になります。幼い頃は中国の方なのね〜と言われる程度で特に支障は無かったのですが、最近、特に大学に入ってからは困ることが増えました。それはつまり、

初対面の人に日本語が上手く喋れないと思われる

圧倒的これ。名前だけ見られて「留学生ですか?」「日本語は大丈夫ですか?」と聞かれたこと数知れず。アルバイトに応募すると応募先にコイツニホンジンジャナイと若干の警戒をされ、面接ではまず中国の?日本語ok…?から始まります。その度に国籍は中国だけど生まれも育ちも日本で(以下略)の説明をしないといけないのはなかなかめんどくさいです。

大学でもこの悩みは続きます。心理学の授業では時々先生が心理実験の参加者を募り、参加者には謝礼と成績評価へのプラスがつきます。先日この心理実験に参加申し込みをしたところ、最初のメールが「お名前を拝見したところ海外の方だと思われますが、日本語の読み聞きは(以下略)」でした。成績がかかっとんじゃ!!と思いつつ問題ない旨の返信をしました。

2件に共通することと言えば、相手方には悪意はありません。どちらも採用する上で果たして私が必要な能力値を満たしているかちゃんと確認しようとしています。当然のことです。それを「名前」から判断しているだけなのです。そこから生まれるバイアスは仕方のないものなのかもしれません。わかる、気持ちはわかる。でも当人としてはめんどくさいのです。外国人あるある(私だけでしたらごめんなさい)。

ちなみに第二外国語を撰択する際も、楽に単位をとろうと(喋れるのに)中国語初級を撰択しても名前で先生にバレます。結果として最上級に入れられたのは笑い話です。

逆に中国名で良かったことと言えば、中国の方を相手にするときは圧倒的に楽です。私は今アパレルのアルバイトをしていますが、場所的に中国人のお客様が沢山いらっしゃいます。私の名札を見て相手が同じ人種だとわかると突然フレンドリーになります。親戚のおばさんみたいになります。結果として接客もしやすい&売り上げも上がるのでバイトでは積極的に中国語を使っています。また、それまでバイト先の先輩方は中国人のお客様は怖いと思っていたそうなのですが(中国人が日本語喋るとキツく聞こえるのは言語の性質が違うので仕方ない)、私が中間に立つことでそう思わなくなったと言われた時は嬉しかったです。日中友好の架け橋じゃん(違う)

つらつら書きましたがこれ以外にも名前を覚えて貰えない、あとは何かしら手続きをする際めんどくさいなど細かなことは沢山あります。改名するという手もありますが、もう少し自分の名前と上手く付き合っていきたい所存でございます。そして題名が一般論だった割に個人の愚痴を書いていただけだったことをここにお詫び申し上げます。

ABOUT ME
アバター
めけめけ
慶應義塾大学文学部1年生。中国語&日本語。美しいものと猫と絵が好き。 末端冷え性が辛い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です